パラサイトシングルの女性が結婚できた事例を公開!!


パラサイトシングルと言われても、対策次第で結婚できます!!

30代〜40代の結婚適齢期を逃した実家暮らしのパラサイトシングルの女性は、いくら美人でも性格に致命的な結婚できない理由があってもう結婚は諦めた方が良いとよく言われることがありますよね。

実際、パラサイトシングルは社会人としての経験不足や、それなりに苦労して人生を歩んできた女性と比べると常識からズレている観点を持っている女性が多いです。

価値観が固定化し始める女性の中年期になると、もうその考えは変わらないので結婚できないとされがちですが、パラサイトシングルの中にも自分自身を改革する努力をして見事結婚した女性も多いです。

今回はそんなパラサイトシングルの女性が結婚できた6つの成功事例と結婚に向けて意識した結婚できない解決策を公開したいと思います!!

環境変化が嫌いでした

30代女性・みやよんさん

私は34歳で結婚するまで実家から出たこともなく、家族と一緒に暮らすことにとても満足していました。パラサイトシングルの典型的女性だったと思います。

生活環境に変化があると体調を崩してしまうことも

神経質な性格のせいなのか友達も昔からの友人としか仲良くできませんし、生活環境に変化があるととても嫌で、体調を壊してしまうこともありました。

出会いについては、何度かお付き合いした彼氏はいましたが、好きにはなるもののあまり信頼できなくて、一緒にいること自体が苦痛にさえ感じたほどです。だから結婚なんてせずに両親と一緒に今の実家で支えあって暮らそうと思っていました。

実家暮らしはいつまでも続かないことに気づいた

父が会社経営だったので何不自由なく暮らしていたのですが、30歳になった時に父が他界してしまい、それがきっかけでいつまでもこの生活は続かないこと。母も年老いてきているのでいずれは私が介護しないといけないことを痛感し、このままパラサイトシングルではいけないと思って徐々にですが結婚相談所で心療カウンセリングを受けながら婚活を始めて昨年、結婚できました。

他人に家族の価値観を押し付けていました

40代女性・パラサイターまきのさん

私はパラサイトシングル歴としては41年になります。今まで家族といることが当たり前で他人に対しても家族間の価値観を押し付けていて、人に嫌われやすい女性でした

父母に接するように彼氏にも接していた

私は40年間ずっと実家暮らしで一人娘だったので両親からはとても大切に育てられてきた女だったと思います。今思い返してみればかなりのわがままでしたし、むしろ癖の悪いことにそれが当たり前だと思っていたことです。

幸い過去に男性から頻繁にあって数多くの彼氏がいましたが、皆1年も持たずに去って行きました。多分私が家族に接しているような接し方で彼氏と付き合っていたので、価値観が合わなかったでしょうし、とんでもないわがままなことを言っていたと思います。

婚活で仲人さんに価値観を改めるように指摘された

彼氏とはなかなか続かないことに何の疑問を持っていなかった私は、ただただ相性が悪いだけだと思っていました。

もちろんパラサイトシングルながら結婚願望はあるタイプだったので地元の仲人紹介サービスを使って婚活を始めることに。

その時の仲人さんが私の価値観や過去の彼氏の価値観を聞いて驚愕!家族内で当たり前だと思う価値観を知らず知らずのうちに彼氏に言っていたことを改善するように指摘いただきました。それから約2年間、他人は育ってきた環境も価値観も全てが違うこと、違いの合わせかたを丁寧にレクチャーしていただき、ようやく長くお付き合いできる男性と出会うことができました。

一人暮らしのタイミングを逃してしまった

30代女性・まゆみ婚活中さん

私は大学進学時や就職時に何度か一人暮らしをするタイミングがあったのですが結局できずにパラサイトシングルになってしまった過去があります。

家族が一人暮らしに反対だった

私は学生時代に県外の私立大学進学時や、某メーカー就職時に県外への引越しを考えたことがあったので、元々は実家を出ることに抵抗はありませんでした。

でも、両親が結構厳格な性格で私を手元に置いておきたかったのか、女性だから心配だったのか分かりませんが実家出してはくれませんでした。もちろん実家にいる時は家事もあまり手伝っていませんでしたから、料理も家事も洗濯もあまり得意じゃない女性にこれじゃあ嫁入りなんてできませんよね。知らない間にパラサイトシングルになってしまってました。

実家を出るには結婚しかなかった

私が実家を出るには結婚相手を見つけて出て行くしかありませんでした。現在の旦那は当時、パラサイトシングル化していた私にとても理解がありましたし、改善する意欲があることも伝えていました。

旦那が協力しながら、自立する力をつけることに一緒に頑張ってくれたから結婚できたんだと思っています。今はとても幸せです。

実家に借金がありました

40代女性・さちえさん

私の父は事業に失敗して多額の借金を背負うことに婚約者にも振られて借金を返すためにセミパラサイトシングル化。

借金を返すためにひたすら働いた

実家の借金は5,000万円ありました。父はもう50歳だったので到底再就職なんてできない年齢でしたから、20代だった私は昼間は派遣社員として働き、夜はキャバクラでバイトしていました。とにかく働き詰めだったのしか覚えていません。

当時は結婚を約束していた婚約者がいたのですが、もちろん婚約破棄して結婚資金として貯めていた300万円を借金返済に使いました。

食事や家事は母がやってくれていましたのでできません。ある意味パラサイトですがこういう怠けだけでなったわけではないパラサイトシングルもいるんです。

10年で完済して、今度こそは結婚しました

とにかく働いて働いて勤務先と実家の往復しかしない10年でしたがなんとか完済の目処がたち今度は結婚も失敗しないように婚活を再開。

30代後半からの婚活だったので結婚相談所の口コミサイトを見て結婚相手を探しました。縁があった旦那はとても穏やかな性格で私をとても大切にしてくれます。

旦那とは実家と同じ県内で一軒家を買いましたので、もうパラサイトシングルはやめました 笑 アラフォーでもパラサイトシングルから立ち直るチャンスは気持ち次第です!!

相手の気持ちがわからない

30代女性・さよぽんさん

20代の頃から空気読めないKY女と言われて虐められたりした結果、引きこもりがちになり気づけば彼氏いない歴=年齢のまま婚期を逃してしまいパラサイトシングル化しています。

知らず知らずのうちに相手を傷つける言葉を発言してしまう

私は小学生の頃から友達がいません。遊ぶ時や何かするときはいつも両親と一緒にいることが多いです。他人がいうには私が空気が読めない女らしく(KY女)一緒にいるとムカつくとか、無視されたりします。

友達はいなくても将来的にはお互いに信頼しあえる男性と結婚したいなと思っていましたが結局男性からも嫌われ続け彼氏ができたことすらありません。

普段は実家の私の部屋に引きこもっているので完全に親をかじりながら暮らしているパラサイトシングルでした。今回運よく結婚できたのは結婚相談所でアドバイザーさんや、臨床心理士の先生のサポートがあったからだと思います。

メンタルケアを受けながら結婚相談所に通った

引きこもりKY女だった私がアヤナスで結婚できるようになるまで改善したのは、やはり親身になって心のケアをしてくれる臨床心理士の先生が鬱にならないように適度な診察をしてくれていたこと。

また、恋愛経験がゼロの私でも男性と知り合えるように結婚相談所に入会した結果、根気良く婚活とコミュニケーションのとりかたを勉強することでこんな私でも15歳年上の優しい旦那を見つけることができました。