ラクスルの請求書払いの審査内容ってどうなの?

ラクスルの法人向けの請求書払い(NP後払い)

毎月、前月1ヶ月分の請求額をまとめて銀行振込やコンビニ払いで支払いができ、簡単な申し込み手続きで買掛けと同じ後払い取引ができるのが大きなメリットです。

(月末締め、翌月末請求書払いです)

でもちょっと気になる点がありませんか?

実はラクスル請求書払いには「審査」があります。

小規模法人、個人事業主の方やフリーランスのかたにとって頻繁に利用するラクスルの審査はとても気になるところ。

オンデマンド印刷会社のラクスルって実際どんな審査をしているのでしょうか?

私はプリントパックからラクスルに乗り換えて仕事がサクサク進むようになりました!!

  • 繋がりにくい電話もラクスルに乗り換えてよりイライラ解消!!
  • 某TVCMで放送中の大手企業運営だから印刷品質も定評あり!!
  • 価格最大50%off!他社には真似できない圧倒的コストダウン!!

ネット印刷なら、ラクスルが今一番おすすめです!!

▼▼ラクスルの公式ページはこちら▼▼

ラクスル請求書支払いで購入はこちら

決済代行会社のネットプロテクションズの独自審査がある

ラクスルは通販の請求決済代行会社で有名なネットプロテクションズに委託しています。

そのため決済や申し込み時の審査基準はラクスルではなくネットプロテクションズの采配によることになります。

ラクスルの請求書払いは、後払いになりますから不払いや貸し倒れなどの危険性も考えられますよね。

ネット印刷自体少額な取引がなので各種ローンやクレジットの審査まで厳しいものではないですが、トラブルにならないためにも独自で審査基準を決めているようです。もちろん基準については公開されていません。

審査が通りにくい会社の特徴

請求書払い(NP後払い)の審査が通りにくい会社の特徴にはある一定の特徴があります。ただし、あくまでも推測なのでこの条件だと審査が通らない!というわけではないので参考程度にご覧くださいね!

経営上何も問題がないのに審査が通りにくい会社は実際にあります。

特徴としては、ラクスルで購入手続きをした際に会社情報として連絡先がフリーメール+携帯電話番号で登録された場合。

どちらも、連絡が取れなくなるリスクがある情報なので審査落ちになる可能性が意外と多いです。携帯電話のメールアドレスなどもそうです!

メールアドレス・電話番号のどちらかに固定電話の番号もしくは、会社名が入ったドメインのメールアドレスを記載しておくと信頼度が高まり審査に通りやすくなる傾向があります。

ローン、クレジットカードなどの信用情報は開示される?

会社名義でローンやクレジットの借り入れがある場合、クレヒスという借金の履歴が信用情報として残るのはよく知られていますよね。

ラクスル請求書払いの審査は、信用情報が登録されているCICやJICCという信用情報機関や、帝国データバンクでの信用調査を開示するまでのことをするかどうか?気になるところですが、実際は開示していないようです。

実際に調べてみたところ、CICやJICCには加盟してないので信頼できる情報かと思われます。

上限金額は会社によって制限があります

請求書払いが可能な金額については、毎月30万円〜300万円です。

会社規模や過去の購入履歴によって取引可能な上限金額が決まります。購入時の取引に支障がない程度には柔軟に対応してくれるようですが、個人事業主の方をはじめ小規模な会社で運営されている場合いきなり300万円の取引がすぐにできる!!

というものではないのでご注意ください。それでも高額な取引が必要になる場合はネットプロテクションズとラクスルの担当者との要打ち合わせになります。

決済手数料が1回ごとに300円かかります

ラクスルの請求書払いは決済一回ごとの支払いで300円の決済手数料がかかります。

商品一品一品に手数料がかかるわけではなく、一回の注文(カート)につき300円という認識になります。ラクスルは小lotでの印刷対応もしていて数千円程度の少額になる取引も多いためちょっともったいないかな?と思う場面もありますが、

毎月30万円を超える取引量があるなら、毎回、都度現金払いで支払うよりも後払いにする価値は十分にあるかと思います!

担当者ごとの請求先は複数登録不可です

1つのアカウントで複数の担当者の登録はできません。

例えば1つの会社に3名の担当者がいる場合、ラクスルで3つのアカウントを取得する必要があり、審査を3回受けることになります。

登録時は面倒かもしれないですが、利用する際にしっかり請求を担当ごとに区分けできるのはメリットですよね。

審査自体は甘いので不審な点がない限り通りやすいです

以上で請求書払いの審査に関する情報でした。

ぜひラクスルで法人契約や買掛けをご検討されている場合は、参考にしてみてくださいね!ちなみにオンデマンド印刷会社は意外と請求書払いや法人契約をしているところは少なく、ラクスルを含めあと数社程度しかありません。

結果、大きな長期支払い遅延や、会社情報が明らかに架空のものだとか不審な点などがない限りは基本的には審査が通りやすいサービスということがわかりました!!

法人様や個人事業主、自営業者様にとって買掛け取引に変わる請求書取引はとても便利な支払い方法なので、うまく使っていけると良いですね!!

私はプリントパックからラクスルに乗り換えて仕事がサクサク進むようになりました!!

  • 繋がりにくい電話もラクスルに乗り換えてよりイライラ解消!!
  • 某TVCMで放送中の大手企業運営だから印刷品質も定評あり!!
  • 価格最大50%off!他社には真似できない圧倒的コストダウン!!

ネット印刷なら、ラクスルが今一番おすすめです!!

▼▼ラクスルの公式ページはこちら▼▼

ラクスル請求書支払いで購入はこちら

関連記事

【11月限定】ラクスルのクーポンを使って割引価格で注文する方法

ラクスルの納期ってどう?遅れの心配はあるの?

ラクスルの法人契約のメリットについて解説します!!

ラクスルで名入れ領収書を作って集金が楽になる!!

ラクスルのパウチメニューは10部から印刷可能で使いやすい!

ラクスルで大口注文するとどれくらい割引がきくの!?